鳥人間レポート第三弾「走行練習」

MK3_2603

 

走行練習。

 

飛び立つための訓練です。

そう、飛び立つのです。

 

9L1A3323

9L1A3315

MK3_2607

MK3_2609

 

鳥人間レポート第三弾。

大会間近、実際の飛行を想定した練習模様をお伝えします。

 

MK3_2621

9L1A3433

 

練習用のコクピットにパイロットが乗り込み、サポートのメンバーと一緒に走ります。

早ければ早いほど飛行時の初速が増し、長距離の記録を狙えます。

しかし、早ければ良し、というわけにいかないのが難しいところ。。。

 

MK3_2620

MK3_2668

MK3_2625

9L1A3363

 

左右のバランスが崩れてしまうと、飛び立つ瞬間の機体姿勢が不安定になってしまいます。

スピードとバランス。

好条件を自らで作り出し、好記録を目指すのです。

 

9L1A3431

9L1A3377

MK3_2687

 

そして最大の敵、「琵琶湖の風」。

こればっかりは当日の運次第。

どんな状況にも対応できるよう、何度も何度も繰り返し訓練をします。

 

MK3_2633

MK3_2692

 

当日に向けた大切なミーティングも行われました。

会場での注意事項や準備の手順などを入念に確認します。

 

9L1A3266

9L1A3262

9L1A3281

9L1A3279

9L1A3274

 

今週末に迫った大会当日、楽しみな気持ちと緊張感。

「青春」

大会に向けた毎日が財産になる。

本当に豊かな経験をしているなぁ、と思いました。

 

9L1A3277

9L1A3276

9L1A3275

9L1A3271

9L1A3268

9L1A3267

 

 

鳥人間コンテスト、本番は7/29。

津田沼航空研究会。

彼らは、空を飛びます。

 

9L1A3258

 

全ての記事, 街と人とヒビコレカテゴリーの記事